ホルモンバランスが乱れると生理不順や生理痛が酷くなったりすることがあります。また生理前になると皮脂の過剰分泌によりニキビが出やすくなってしまいます。低用量ピルは避妊効果もありますが、ニキビ改善としても用いることが可能なので、気になる方はピルを服用してみてください。

カプセルと若い女性
  • ホーム
  • 内膜症は低用量ピルで治療、胃に副作用が起きる?

内膜症は低用量ピルで治療、胃に副作用が起きる?

子宮内膜症は、女性特有の病気です。
20代から40代の人に多くなっています。
子宮内膜症の治療方法は、さまざまですが、低用量ピルを使用する方法もあります。
低用量ピルを使うことで、子宮外での子宮内膜の増殖や形成を抑えることができるのです。
低用量ピルというのは、エストロゲンなどの女性ホルモンを元にして作られている合成ホルモン剤となっています。
低用量ピルを服用して、エストロゲンなどの女性ホルモンが増加をしてくると、女性ホルモンの分泌を司っている脳が、妊娠状態とか閉経状態だと錯覚をしてしまい、エストロゲンの分泌を減らしてしまいます。
そのため、排卵自体がとまってしまうのです。
子宮内膜症というのは、エストロゲンの影響を受けて増殖をしてしまうので、エストロゲンの分泌が減少をすることで、症状の進行がおさまってくれるのです。
低用量ピルは、副作用が現れにくいといわれていますが、まったく副作用がないわけではありません。
不正出血があるという人もおられますし、胃がむかむかして違和感があるという人もおられます。
どのような副作用があるのかは、個人差がありますし人それぞれですが、副作用が出てしまった場合にはできるだけ早めに医療機関を受診することが大切になってきます。
低用量ピルは、値段もお手頃なので安心して継続することができます。
服用することで、子宮内膜症のつらい症状を抑えることができるのですが、服用している間は排卵がとまってしまいます。
そのため、妊娠を希望している人にとってはデメリットとなってしまいます。
妊娠を希望しているのであれば、医師に相談をすることが大事です。
低用量ピルは、副作用も少な目のとても飲みやすい薬です。

関連記事