ホルモンバランスが乱れると生理不順や生理痛が酷くなったりすることがあります。また生理前になると皮脂の過剰分泌によりニキビが出やすくなってしまいます。低用量ピルは避妊効果もありますが、ニキビ改善としても用いることが可能なので、気になる方はピルを服用してみてください。

カプセルと若い女性

低用量ピルは病院だと高い?

きれいな女の人

低用量ピルは病院などで受診して、医師の処方によって購入することができる薬です。
ドラッグストアなどで気軽に購入できるようなものではなく、医師がその患者の体調や体重、体質などに合わせて処方するものです。
また、低用量ピルは保険適用外の薬であり、避妊は病気ではないので購入する費用がすべて自費になってしまいます。
なので、病院で購入するとピルは高額になってしまう、ということです。
主に産婦人科で処方されるのですが、小児科や内科で取り扱っている病院などもあります。
また、治療のために皮膚科や精神科などで処方される場合もあるといいます。
ピル、というと避妊目的の薬というイメージがありますが、ホルモンバランスの病気からくる女性独特の病気や不妊治療など、広く用いられています。
ニキビ治療目的で病院で処方されたけれど、確認したらピルだった、という人もいるほど広く活用されています。
けれど、治療目的でも薬代には保険は適用されないということです。
低用量ピルを病院で購入したいときの病院選びのポイントは、行きやすい位置にあること、診察時間なども大切です。
土日も診察してくれるところや、女性専用のレディースクリニックなども最近はあるので、自分できちんと調べておくようにしておきます。
それから、何かトラブルがあったときにすぐに対処してくれること、ピルに詳しい医師がいるか、検査や健診などもしてくれるか、ということも重要です。
病院ではその医師によってはピルにあまり詳しくない人などもいるので、新しい情報をしっかりと理解しており、服用指導を適切にしてもらえるところを探すようにすることが大切です。
最近はネットなどでも購入することもできますが、その人に合っていないものなどもあるので、高くてもきちんと病院で処方してもらうほうが安全です。

関連記事