ホルモンバランスが乱れると生理不順や生理痛が酷くなったりすることがあります。また生理前になると皮脂の過剰分泌によりニキビが出やすくなってしまいます。低用量ピルは避妊効果もありますが、ニキビ改善としても用いることが可能なので、気になる方はピルを服用してみてください。

カプセルと若い女性
  • ホーム
  • 低用量ピルの個人輸入と下痢などの副作用

低用量ピルの個人輸入と下痢などの副作用

低用量ピルは、高用量ピルや中用量ピルとの比較からその呼び名があるもので、これは錠剤のなかに含まれている卵胞ホルモンの分量が50マイクログラム未満であるピルのことを指しています。
低用量ピルは、正しく服用すれば、排卵が抑制されたり、子宮内膜が厚く増殖するのを抑制したりするため、性行為をしたとしても、望まない妊娠を避けることができるのです。
しかし、こうした効果をもたらしている卵胞ホルモンには、女性に副作用をもたらすというやっかいな性質もあります。
たとえば、下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、頭痛などといったものがそれにあたります。
低用量ピルが、わざわざ卵胞ホルモンの分量を少なくしているのは、このような下痢などの副作用をできるだけ避けようとする意図のものであって、卵胞ホルモンとともに黄体ホルモンを成分として添加していることも、実は副作用をやわらげるはたらきを期待してのことといえます。
通常、このような副作用は、低用量ピルを服用しているなかでしだいにみられないようになりますが、あまりにもひどい場合には、医師の診察を受けて、他の銘柄に変えてもらうなどの措置をとったほうがよいでしょう。
低用量ピルは、処方せん医薬品とよばれるグループに属しているため、医師の処方を受けなければ国内では原則として入手することができません。
ただし、少量を自己使用する目的であれば、わずかに個人輸入という制度も認められていますので、こうしたルートを通じて医薬品を海外から直接取り寄せている人もいるようです。
この場合、処方時の医師や薬剤師の指導が得られませんので、たとえ下痢などの副作用があったとしても、みずから適当な産婦人科などを探して受診しなければなりません。

関連記事