ホルモンバランスが乱れると生理不順や生理痛が酷くなったりすることがあります。また生理前になると皮脂の過剰分泌によりニキビが出やすくなってしまいます。低用量ピルは避妊効果もありますが、ニキビ改善としても用いることが可能なので、気になる方はピルを服用してみてください。

カプセルと若い女性

低用量ピルの使い方のコツ

若くてきれいな女性

低用量ピルは病院で医師の診察を受けた後に、処方箋をもらって購入するものです。
最近はネットなどでも購入できるようになってきていますが、自分にあったものを服用することが大切です。
間違ったピルの使い方をしたり、自分に合わないものを服用すると体にいろいろな変化をもたらすこともあるので、必ず医師に処方してもらったものを服用することが大切です。
低用量ピルの効果は避妊意外にもあります。
たとえば、生理痛や月経前症候群の軽減、ニキビや多毛症の改善、生理不順の改善、そして、月経スケジュールの調節です。
女性にとってとても大切なものである生理や体のことを考えて、正しい服用の方法を知っておくことが大事です。
低用量ピルの種類もあるので、医師に自分にあったものを処方してもらうようにしなければいけないです。
まず、21錠タイプ、というものは、すべてが実薬といい、有効成分が含まれています。
休薬期間は何も飲まないままでいいタイプです。
28錠タイプは、21錠の実薬と、7錠のホルモンが含まれていないプラセボと呼ばれる偽薬がセットになったものです。
休薬明けの飲み忘れを防止するために設計されたもので、計算されて作られています。
また、低用量ピルの服用のコツですが、まず、毎日同じ時間に1錠飲むことです。
毎日飲む理由は、血液中のホルモンの量を一定に保つためなので、できるだけ同じ時間に飲むようにしておくことが大切です。
多少時間の前後はあっても、毎日ほぼ同じ時間に水で飲むように気をつけます。
時間は、昼や夜でも大丈夫ですし、食前や食後のいつ飲んでも効果はきちんとあります。
忘れやすい、という人は朝、食事の後に必ず飲むようにすると忘れにくいのでおすすめです。

関連記事