ホルモンバランスが乱れると生理不順や生理痛が酷くなったりすることがあります。また生理前になると皮脂の過剰分泌によりニキビが出やすくなってしまいます。低用量ピルは避妊効果もありますが、ニキビ改善としても用いることが可能なので、気になる方はピルを服用してみてください。

カプセルと若い女性
  • ホーム
  • 低用量ピルで生理を早めるために検査は必要?

低用量ピルで生理を早めるために検査は必要?

笑う女性

低用量ピルは飲むことで避妊をすることができるということは多くの人に知られています。
しかし、その用途は避妊だけではなく、子宮内膜症や生理痛、PMS、更年期障害など女性ホルモンの影響で起こる症状や病気の治療のためにも使われています。
さらに結婚式や旅行などの大きなイベントの時に生理の日程をずらすこともできるのです。
低用量ピルを飲むと体内の女性ホルモンの濃度がコントロールされるため、本来の生理の日にちよりも早く身体に「生理になっても良いホルモン濃度になっている」と勘違いさせることで生理を起こし、大切なイベントの時に生理にならないようにすることができます。
また、早めるだけではなくて「まだ生理のタイミングになっていない」と身体に勘違いさせることで生理の日程を遅くすることもできるのですが、この場合には最大で3週間ほどしか遅らせることができないことと長期間低用量ピルの服用を行わなければならないためお金がかかってしまう可能性があります。
大きなイベントの当日まで飲み続けなければならないため、旅行に行く場合などは早める方が旅先に低用量ピルを持っていかなくても良いのでおすすめです。
どちらの場合にもなるべく早めに病院で低用量ピルの処方を受けることで自分の好きなタイミングにずらすことができます。
遅くとも自分の重要なイベントがある日の1か月ほど前までには産婦人科などで処方してもらうようにしましょう。
処方の際には検査は必要ありません。
女性ホルモンの影響を与えるもののため、乳がんや卵巣がんなど、女性特有の器官に疾患があったり、そのための治療薬などを飲んでいる場合には低用量ピルの中の女性ホルモンが病気に影響を与えてしまう可能性があるため、飲むことは出来ません。
医師に良く相談してから処方してもらい、飲むようにしましょう。

関連記事